WEBVOX

ITのチカラでみんなを幸せにするブログ

Game

元ネットゲーム廃人がスマホゲームに夢中な人たちに言いたいこと

2016/06/01

ゲーム ピンボール

貴重な高校時代をネットゲームに費やしてしまったといち(@toichi_wb)です。

今はスマホで手軽にゲームができるようになったので、電車の中や街中でピコピコしてる人がたくさんいますね。

ぼくはスマホゲームはやらないのですが、スマホが普及するずっと前にネットゲーム(リネージュ2)にハマってしまったときがありました。

その当時はネットゲームが全てのように感じていましたが、辞めてしまうと「なんて無駄な時間を過ごしてしまったんだろう」と激しく後悔しました。

なのでいつでも手軽にできてしまうスマホゲームは絶対手を出さないと誓っています。

ゲームは娯楽・暇つぶしなのでほどほどに

ゲームってやっているときは楽しいのですが、あっという間に時間が過ぎていきます。

学校から帰って夕飯を食べたらネットゲームを初めて気がついたら午前2時…学校は遅刻ギリギリで登校して授業中は寝てる…なんて生活をしていました。

今になって思うと「こんなゲームにマジになっちゃってどうするの」って感じです。

でもその当時はネットゲームの中で強くなって仲間から認めてもらうことが大事だったんです。

将来は「GM(ゲームマスター)になって一日中ネットゲームしていたい!」なんて割と本気で考えていました。

若気の至りとはいえなんとも無駄な時間を過ごしたものです…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜネットゲームにハマってしまうのか

image

ネトゲにハマっている本人もうすうす「これってこんなに時間かけてやっていいのかな…」と思っています。

でもやめられないんですね、なぜなんでしょう?

ネットゲームの魅力ってやればやるほど強くなって周りとの差をつけられるってところなんです。

とにかく強くなって「あいつはスゲぇ!」って思われたいんです。自己承認欲求ってやつです。

逆に言うと時間をかけられないと他のベビープレイヤーに差をつけられてしまいます。

差がつくとパーティが組めなくなってしまうので、一緒に狩りに行けなくなってしまいます。
(私がやっていたリネージュ2では基本的には一人ではモンスターを倒せませんでした)

なので必死になってレベルを上げます。

「勉強の時間もご飯を食べる時間ももったいない…とにかくレベル上げしなきゃ!」

こうなったらもうダメですね、ネトゲ廃人まっしぐらです。

ネットゲームは手軽に努力ができ、達成感が得やすい

ネットゲームはほとんどクリックしてモンスターを倒すだけなので簡単なんです。

簡単なのでほとんど時間をかけるだけでレベルが上がっていきます。

傍から見れば努力とも言えないかもしれませんが、本人は時間をかけて寝る間も惜しんで頑張っています。

だからレベルが上がれば嬉しいし、周りよりも強くなれると「自分はすごい!」と満足感が得られます。

手軽な努力とレベルが上がるという達成感が病みつきになってしまうんですね。

レベルが上がった時は仲間に「おめでとう!」なんて言われて、頑張りが報われたようで嬉しくなります。

なぜネットゲームをやめたのか

image

高校時代を捧げたネットゲームをなぜやめてしまったのか。

結論から言うと周りのネトゲ廃人のについていけなくなりました。

ネットゲームの無駄さに気づいたからではないのが悲しいところですが。

当時、私は高校生でしたので昼間は学校に行っていました。

必然的にネットゲームを夜ということになるのですが、レベルの高い人たちは暇な大学生 or ニート という強者たち。

寝ている時以外は常にログインしているような奴らに敵うはずがありませんでした。

次第に達成感どころか劣等感を抱き始めて嫌になってしまいました。

世の中にはネットゲームのやり過ぎで退学したり留年したりするような人もいますが、さすがにそこまではできませんでしたね…

でもそこでやめて本当に良かったと思います。

スマホゲームも同じ?むしろ課金って…

image

個人的にはスマホゲームも同じ類のものと思っていますが、課金前提である分のでたちが悪いです。

たまに「スマホゲームに10万円使った」なんて武勇伝を聞きますが、たかがデータにそんな大金を使うなんて頭大丈夫かな?と本気で心配になります。(自分もネットゲームをやりまくってたので偉そうなことは言えませんが)

月々いくらで払っていたネットゲーム時代は時間をどれだけかけられるかが鍵でしたが、スマホゲームはどれだけお金をかけられるかが鍵なのでしょうか。

ネットゲームと違い、パソコンを使わなくてもスマホで気軽にできるので暇さえあればスマホゲームをしてしまう人も多いみたいです。

しかもお金だけではなく、時間まで奪われるから人生の無駄遣いとしか…

ネットゲームで高校時代を無駄にしてしまったぼくからすると

スマホゲームはなんの得にもならないから今すぐアンインストールしろ!

と電車でスマホゲームをやっている人たちに叫びたくなります。

ゲームは娯楽なのでほどほどに

image

ゲームってやっているときは楽しいのですが、あまり役に立つことはありません。

もちろん役に立つことばかり求めていても人生に潤いが足りなくなるので娯楽は必要です。

でも大切な時間(とお金)を使うのであればよく考えてほどほどに遊ぶようにしましょう。

ネット内の仲間だけで遊ぶようなゲームではなく、リアルな仲間ができるようなゲームが良いのではないでしょうか。

大学時代は某格闘ゲームにハマってオフ会に行ったりしていましたが、いろいろな人と知り合えて「やっていて良かったなぁ」と思いました。

そのゲームで一緒に遊んだ大学の友人たちとは卒業して6年経った今も「久しぶりに対戦するか!」と盛り上がったりします。

残念ながらネットゲーム内の仲間たちとは一度もリアルで会ったことはありません…

高校までは田舎の地元にいたので地理的に遠かったこともありますが、やっぱりネットゲームの仲間ってゲーム内での付き合いでしかないんですよね。

ネトゲ廃人であればあるほどこの傾向は強い気がします。(そもそもリアルよりすネットゲームを優先しているので)

最後に

スマホゲームは息抜き程度でほどほどに!

あまりにも周りでスマホゲームやってる人が多いのでちょっと疎外感がありました(笑)

ぼくの嫁さんは興味ないみたいなので良かったです。

家族でいるときに話もしないでゲームとかちょっとね…

といち(@toichi_wb)でした。でわでわ!

といち
福島県出身埼玉県在住の一児の父で、業務系アプリケーションを開発するシステムエンジニア。ITのチカラでみんなを幸せにするブログWebVoxを運営。得意分野はプログラミング・データベース・ITインフラなどシステム系全般。システムエンジニアの経験を活かした業務効率化の記事をいつも隣にITのお仕事に寄稿しています。

-Game
-, , ,